下限の金利に騙されるな

よくどこどこのカードローンの金利が安いと聞きます。
それ言葉だけ聞くと微笑ましいことなのですが、注意も必要です。

例えば金利の下限が物凄く低く設定されていても100万円以内で借りる場合には異様に金利が高い場合もあります。

金利が安いと判断するのは自分が融資を希望する額において金利がいくらかで判断しましょう。
金利の下限だけみてこの業者が利息が安いと断定するのは早計に過ぎます。

お金を借りる際には表面上の言葉だけ軽く調べるのではなく、
具体的にどれくらいの利息がかかってくるのかを正確に把握することが大切です。

利息はいくらで返済は何カ月で終了する。
具体的な返済シミュレーションを持てる方は借金しても全くも大無いでしょう。

計画性もなく借金して返済シミュレーションも怠る。
更には表面上の言葉に踊らされる人は一度借金をしたら中々抜け出ることが出来ないでしょうね。

そういった人はお金に対する危機管理能力が低すぎです。
一円を無駄にする人は一万円、百万円を無駄にする人だと私は思います。

お金を借りることも人生では必要となるケースが多々あるでしょう。
しかし何も考えずにお金を借りるのと計画的にお金を借りるのとでは雲泥の差があります。

下限の金利に騙されるような人ではなく思慮深く、慎重に借金をして大きな夢や希望をかなえてほしいものです。